初めての革靴のサイズの選び方 きつめって誤解されやすい

足のサイズは足長(レングス)と足囲(ウィズ) の2種類があります。

まずは自分の足の足長(レングス)と足囲(ウィズ)を測り、そのサイズに合った靴を選びます。

次に指の形に合ったつま先の靴を選びます。

自分に合ったサイズの革靴を選ぶステップ1 足長と足囲を測る

まずは、足の足長(レングス)と足囲(ウィズ)を測りましょう。

https://i0.wp.com/shoeshine.work/wp-content/uploads/2018/01/%E5%9C%A7%E7%B8%AE%E3%83%AF%E3%82%A4%E3%82%BA%E3%80%80%E3%83%AC%E3%83%B3%E3%82%B0%E3%82%B9.jpg?w=533&ssl=1

足長はカカトからつま先までの縦の長さ

足の実寸値より0.5~1.0cm大きいサイズがジャストサイズといわれています。

指が窮屈なのが嫌いだから靴はいつも大きめを履いているという場合でも革靴は
実寸値+0.5~1.0cmを守ったほうが良いです。

スニーカーは大きく見える方がかっこいい!革靴が小さく見える方がかっこいい!と言われますし、サイズの大きな革靴はおかしなシワが入って見た目が汚くなるので、実寸値+0.5~1.0cmを守る事をおすすめします。

足囲は指の付け根をぐるっと一周した時の長さ

「革靴は少しきつめを選ぶ」といわれるのは足囲の事です。

足囲は革が伸びるので少しきつめを選ぶ

少しキツめってどれぐらいかと言うと

https://www.fukulow.info/wp-content/uploads/2016/01/wing-e1452002042991.png

羽の開き具合は指一本分ぐらいになる感じ。

羽は開きすぎるとかっこ悪いし、完全に閉じちゃうってことは靴のサイズが大きいってこと。

自分に合ったサイズの革靴を選ぶステップ2 指の形につま先の形状を合わせる

人の足型には大きくエジプト型・ギリシャ型・スクエア型の3タイプがあります。

http://fha.gr.jp/special2/img/zu_no1.jpg

革靴のつま先の形状にも ラウンドトゥ、ポインテッドトゥ、スクエアトゥ、オーバルトゥ、セミスクエアトゥの5タイプがあります。

画像gif

エジプト型にはポインテッドトゥ

日本人に一番多いと言われているエジプト型の足にはポインテッドトゥとオーバルトゥが合うと思います。

画像

ギリシャ型にはラウンドトゥ

ギリシャ型に合うトゥはラウンドトゥ、ポインテッドトゥ、オーバルトゥの3つです。

画像

スクエア型にはスクエアトゥ

スクエア型にはスクエアトゥかセミスクエアトゥ

画像